永久の幸福

福寿草子のゆるふわ脳内

私と生きたいなら論理は捨てて

世の中のことはだいたいふわっとしている。なにごともきっちり折り目ただしく明らかに解明したいという欲求と、たぶんそれは歓迎されていないという社会的めんどうくささ、表面上後者が勝っていても私の心は前者で、はっきりしないことへのいらだちがただただ募る。認知の歪みを修正することはすこしずつできているような気がして、結局白黒はっきりつけたい二極思考は健在だ。
論理の殴り合いを不毛に感じる。自分の中の矛盾を隠すようにうまく体系立てて作られたのが「論理」であり「価値観」であり「信条」だと思うので、認知の歪むところが異なればそれだけ論理も異なる。見えない前提が異なれば論理は噛み合わない。人をただしさで殴り殺してやろうという高揚感、組み敷いたときの征服感は痛いほどによくわかるけれど、その過程で消費されるエネルギー、終わったあとのやましさを考えるとあまり気が進まない。いっときの優越感はすぐに不安へと変わる。私の言ったことは本当に「ただしく」、そして相手の言ったことは本当に「間違っていた」のか? 幾度もその過程を反芻し、私は敵の味方をして自分のあらを探してしまう。他者は他者であり、私と異なる論理を持つ。私の中でただしい私は相手の中では間違っていて、そして残念なことに、私にはそれがわかってしまう。
人との関わりの中ではなんらかの形で噛み合わないことが出てくる。論理で戦えないなら感情で戦えばいい。そこにあるのは自分たちを前提にした具体的なお話し合いで、たぶんお互い嫌な思いはしたくない、実際問題仕方ない、という諦めのお話し合い。そうやって場当たり的な前例で、つぎはぎだらけの論理を作っていけばいい、だって論理はあとづけ、感情を統合するだけのものだから、といういつもの結論です。

20170613お薬メニュー

サプリのメモです。リンク貼ろうと思ったけど面倒なのでまあ気が向いたら貼ります。

計32錠/日。

 

朝昼晩

20170503お薬メニュー

現在飲んでるサプリをメモしておきます。以前メンヘラらしくお薬メニューを公開していたので、よければどうぞ。

 

朝食後

 

昼食後

 

夕食後

 

就寝前

なんでも自分の思い通りになると思うなよ

かわいい、かわいい、かわいい、かわいい、かわいい、かわいい
女の子はそれだけで生きていけるのです
生きる価値があるのです

 映画『おんなのこきらい』を観た。観るのはこれで二度目だったが、一度目とは感想が全く違った。初めて観たときは「ウッ私もよくやる」「メンヘラを幸せにするな」「(ラストを観て)メンヘラに教育的ないい話だった」などとヘラい感想を抱いたが、今回は「は??? 努力して!!!!」。

 そもそもこの映画を観ようと思ったのは、前回のエントリーを書いている間に冒頭の「かわいい、かわいい、かわいい……」が浮かんできたからだった。主人公は自分(の容姿)がかわいいことを自覚している女の子。過食嘔吐のオプション付き。裏表が激しい。媚を売るときの言動がうざい。無料風俗(セフレ)。でも、かわいい。

 本当にかわいいのか、ということについてつっこむのは無粋だからやめておくが、この女、とにかく努力をしていない。「かわいいから努力しなくていい」とかではなく、「かわいくなるための努力をしていない」のである。自分がかわいいことについてはもう満足していて、そこからどう生きていくか、という話なのだ。え??? 努力!!!! して!!!???? ここで気づいたのは私は努力をしたいのだ、ということ。プロセス依存症の話を前回したが、まさにその通りで、私は目標への努力が好きだ。べつにかわいくなりたい話ばかりじゃなく、勉強も受験勉強の努力は好きだったなあ、ということを最近思い出している。努力の何がいいって、時間が潰れるのがいい。頑張っていたら気づいたら死んでいた、みたいな人生を送りたいものですね。

可愛いの地獄にようこそ

 最近とっても、可愛くなりたい。

 と言うと聞こえはいい、ようなよくないような、ともかく社会に存在してるんだな、という気がする。他者の目、気にしてますね、というような。しかしその実態は買い物依存なのである。

 四月半ばから薄々気づいていた。私、買い物報告多いな、と。あれ買ったこれ買った、これ欲しいこれ買うか。確かに躁っぽくなってどーんと大きい買い物をしちゃうことはたまにあるけど、頻度が高すぎるし値段も高すぎる。主に買っているのはサプリとコスメ、服、あとは美容院や鍼などエステ系。現時点でその合計金額はあっさり6桁に上っている。笑った。いや、だって、と言わせてもらうと、一週間後に買うことにしたらその一週間はグレードが低い生活を送ることになるし、サプリだってエステだって一日でも早くからやる方が効果あるし。だから来月になってからなんて選択肢はなく即購入。

 そんなある日、というか今日、フェイススチーマーを検索して6000円のにするか12000円のにするか27000円のにするか考えていたところ、「買い物依存症」という文字列を目にした。あ、はい、すみません、と思った。私は多分買い物に依存している。スマホを持ってぼうっとして、「何かほしいものあったっけ」と思って美容垢巡りをする。どのサプリがいい、どのコスメがいい、どの病院がいい、と溢れる情報。今のところ整形に手を出す気はないけれど(感染症が怖い)、大体のものは少し調べてすぐに買う。別に買い物に限った話じゃない。首の下の三角空間が美人の条件と言われれば毎日顎を上げて下を出してあいうえおを言うし、二重幅を揃えるために目を回して眼輪筋を鍛える。HSP入浴法をしながらこのブログを書いている。カナダで美意識高いね、ストイックだねと言われたときの数倍、取り憑かれている。

 だから特に買い物だけを見直す必要もないと思っていたけれど、「買い物依存症」という考えを得て、あ、これは治さなければいけないものなんだな、と気がついた。カウンセリングに行くのはやめてしまったので、自分でそれっぽいことをしてみる。

 四月、お金、といえば恐らく私の財政変革が原因。今までは「お小遣い+食品、日用品、衣服などはレシートで請求」だったのが、お小遣いのみになった。一応お金はもらっているのだが足りるはずもなく、生活費はほとんど自分が稼がなくてはいけない、という感覚。絶望した。しかしそれは言い換えると稼いだ分だけ使える、ということであり、私はシフトを入れまくった。自分で稼いだお金が全て自分のものだ、という快感。頑張れば頑張るだけ生活が豊かになる。どんどんアップグレードされていく日常に私は酔った。まあ、それはそれで健全だと私は思う。問題なのは、「欲しいものが欲しい」状態。何かを買いたい、何かを体験したい、何かにつぎ込みたい、そればかりで、ここがいけない。今日知った言葉によると「プロセス依存症」と言うらしい。目的があって問題行動をし、けれど結果を得られないので繰り返すことだとか。

 私は可愛くなりたい。何のために、というとこれがわからないんです。「あいつを見返すために」「あの人を振り向かせるために」みたいな、理解しやすい理由がない。もともと私は女であるのが嫌で髪を短くしたり僕と言ってみたり色々していたけど、肉体は肉体に過ぎず、私は「限りなく精神的な存在」なのでわざわざ肉体を拒否することもないだろうと思った。せっかく女の体なんだし、メイクもできれば服の選択肢も多いんだし、楽しんでみては? ということで、これは趣味だ。目が覚めたら女の子になっていて、おしゃれしてもとの女の子よりも可愛くなってしまうTSものの感覚に恐らく近い。カラフルみたいに、他人の人生を生きる感覚に近い。

 買い物を繰り返すのは結果が得られていないからだとして、「だって可愛いに果てはないし」みたいな話じゃない。この強迫観念的なお人形遊びをいつやめられるのか。真綿で首を絞められるように、ゆっくりと死に向かっていくのは怖い。死よりも老いが怖い。肉体にろくに気を使わずに過ごした10代が憎い。そんなのどうでもいいと思えるくらい、私はセンチメントに満たされたい。

悪事をするには、自分一人でやるのがいちばんです

 時々、躁状態になる。躁状態というか、トランス状態というか、まあ名前なんてどうだっていいのだけれど、不意に情動のトリガーが外れて制御不能になる状態。親と話さなくなった中三から起こり始め、そこからずっと躁鬱担当でやってきたものの、社会的によろしくないことは重々承知なので大学入学と同時にぴたりとやめた。とはいえその発作みたいなものは恐らくなにかの発散だったに違いなく、カタルシスもままならず抑圧に抑圧を重ねどんどん精神のバランスを崩していった私は一年生の十月に晴れて精神科通い、ヤブ医者に捕まり薬漬けにされることとなる。
 感情の最大出力には依存性がある。なによりも気持ちよく、どきどきして、気が昂ぶる。生きていることを実感できる。今まで私は死んでいたんじゃないかというくらい、感情を自覚し、生を感じられる。だからこそやめられないし、感情が抑圧されているとき、生きている実感がなく死んだ方がましだと思う。
 その、感覚をついこの前思い出して、どうして突然再発したのかを考えた。あるいはどうしてこの数ヶ月間抑えられていたのかを。それは結局他人に依る、という社会性のある話で、他者の倫理は時に私を安定させもする、という希望の持てる話なのですが、それはまた次回。

 

12日目 Museum

montreal museum of fine artsに行ってきました。
f:id:aqrapidcycler:20170309232324j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232334j:image

 

写真撮影可。
f:id:aqrapidcycler:20170309232426j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232437j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232500j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232510j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232539j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232710j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232728j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232738j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232803j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232813j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309232828j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233209j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233218j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233229j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233249j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233238j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233309j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233319j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233332j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233341j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233355j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233407j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233416j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233424j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233433j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233442j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233453j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233503j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233535j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233652j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233702j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233710j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233720j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233728j:image
f:id:aqrapidcycler:20170309233736j:image

 

Thai expressです。
f:id:aqrapidcycler:20170309233743j:image

イルミ行ったらやってなかった。
f:id:aqrapidcycler:20170309233802j:image
これは取り壊し中のビルです。

箱買い。
f:id:aqrapidcycler:20170309233827j:image

食べて気づいたけどおいしくなくて二度と買うものかと思ったものでした。