永久の幸福

福寿草子のゆるふわ脳内

生きる覚悟はできている

今ここで死んでも構わない。後悔、未練、たくさんあるに違いないけれど、浮かびあがっては消えてゆくそれらを前に、なんとなしに納得して死んでゆくに違いない。もちろん仮定にすぎず、空想だからこそそう思うのは否定できない。藪から棒に死が訪れれば、手荒い生の終結に、押し詰まる死の恐怖に悶え苦しむかもしれない。それは十分に起こり得る。
しかし胸の裡では、私はいつ死んでもいい。死を覚悟して日々を過ごすことは、生のモチベーションにはなりえない。なぜなら、死んだ後は何も知覚できないし、何も解釈できない、と私は信じているから。世界など観測者がいなければ最早存在せず、だから死んだらそこでさよならなのだ。いつ死んだって構わない。世界も一緒になくなるのだから。けれど事実心を脅かすのは、明日死ぬかもしれないのは他者だ、ということだ。他者は突然死ぬかもしれない。それが病気であっても、事故であっても、自殺であっても。いざ他者が死んだとき、少しも悲しめないだろう私は傷心の体裁を強いられることに怯えていた。今では他者の死に思うところが違う。他者は私の人生にとっくに組み込まれていて、喧嘩別れや失踪ならいざ知らず、明確に死なれるのは未来がなくて、弱る。
だから他者が生きていることに感謝している。昨日も生きていて、今日も生きていることに。
少し前、夏の始まりのころ、私はついに、これからも生きていくであろうことを知った。死にたくなるときもあり、死のうとするときもあるだろうが、未来は続いていき、その中で生きていくことに観念した。生活は一瞬ではない。数年後、十数年後、数十年後がある。いつ断たれるとも知れないけれど、ひとまず未来を念頭に日々を送ることを受け容れたのである。
人格の統合を図り、私が課されることとなったただ一つの人生は重い。唯一無二のかけがえのない人生では、ルート分岐もセーブもできない。人格の分裂は純然に自分への救済だった。けれど統合された後では、ただ一人の私の言葉の一筋、身体の一振りですべてが変わってしまうかもしれない。他者の人生などどうなろうと構わないけれど、私は私の人生を永く生きていかなければならないのだ。保身ばかり考えてどこへも進めない、という満たされなさを初めて味わった。けれど部屋の中じっとうずくまっているわけにはいかない。これから永らく縛り付けられるであろう生活を、より好いものにしたい。妥協はしたくない。そのためには痛手を受けることになるかもしれない。けれど自分自身と生活を天秤にかけて、自分にできると思うのなら、耐えられる程度と見定めるのなら、それを飲み込んで歩を進めるほかなく、また私にはそれができると思うのである。

現実を歩みたい

本を読みました。

引き裂かれた自己: 狂気の現象学 (ちくま学芸文庫)

引き裂かれた自己: 狂気の現象学 (ちくま学芸文庫)

 

人格について書こうとしては何度も失敗していますが、私の考えは大体この本に一致します。「私が考えていたことがすでに存在していた(こう考えるのは私だけではない)」「私は『統合失調基質』で多くの人間とは違うらしい(じゃあみんなどう生きてるの?)」というのが感想です。
簡単に言えば、「本当の」自己と、対外的に作られた自己があり、後者は本当じゃないのでどうなってもいい、傷ついたってそれは「本当の」私じゃない、という話です。この辺りは変ゼミがとても上手く描いているのでぜひ読んでください。
気づいたら意識を失っている、というのが私の問題です。記憶はあるのですが、朧げで現実感がなく、自分の体験したことだと思えないのです。その時には感情を感じていたのか否か、記憶には残っていません。ただ、誰が何をどうした、というだけです。
その状態から意識を取り戻すのが大変で、それが達成された暁には途轍もない高揚ももたらすのですが、夢の中で夢だと気がつくくらいには難しいことです。けれど私は私で生きているので(もちろん「本当の」方の私です)、少なくともこれを書いている私はそうなので、そっちで生きていきたいわけです。でも気がつくと意識が飛んでるのでどうしようもありません。そこで必要なのが自分を取り戻す仕組みなのです(前ツイートの失敗を取り戻すように連投し始めたらそれはボダの始まり、黙って垢消しというルールがすでにあります)。
簡易的には、意図を意図しない、というのがあります。例えば、「あのことを言いたい」「言ったら可哀想だな」という二つの意志は共存しえますが、「言いたいけど言ったら可哀想だから言わない」は謎の因果関係によって元々ない意志がでっち上げられています。「言わない」意志はなかったはずです。言いたいなら言う、可哀想なら可哀想だと思う、あるいは可哀想に思いたくないのならなぜそうなのかを考える、ということをすると意図を意図された言動から少しは逃れられます。
まあそんなことはどうでもよくて、本当にどうでもいいんです、私は今日も意図を意図して失敗しました。引き裂かれた片方の自己を取り戻すには、必要なときに取り戻すには、常に持ち続けるには、どうしたらいいのでしょうか。
ところで、自己の解離の少ない人はどうやって生きているのかが不思議でなりません。それがまさしく「この他者の中にはちゃんと人格があるのか?」という問の浮かぶ瞬間で、逆にちゃんと人格のある人間だと私に思われている人は、自己が引き裂かれているとみなされている、ということです。

同情は嫌悪よりも息苦しい

人生は選択の連続である。常に価値判断が行われ、意思が決定されていく。どちらか迷うのはそれらの選択肢の効用が大体同じだからであり、時には明らかに損な方を取ってしまうのも、「損」とは違う文脈ではそれが得だからである。自分を傷つけ逆説的に自らをコンテンツ化し、損を積極的に選択するインターネットメンヘラのように。わかっている「のに」損を選び取っていってしまうこと、不幸に向かっていってしまうこと、これは万人に共通するとは言えないまでも、ある程度の人には当てはまることだと思う(安易に他者をメンヘラと形容する人のことを、私は軽蔑している)。
行動そのものの損得だけで意思決定すること、対して、それに付随する評価をメタ的に見て意思決定すること。私の言う「自我がない」「考えていない」「意識がない」状態は、前者にあたる。ただし、その時の効用関数が「常識」であったり、「みんな」であったり、「内在化した他者」であったりする場合だけ。自分の中にある価値基準(それが上の三つに全く影響を受けていないはずなどないのだが)のみにしたがって、粛々と意思決定をしていくこと。それ自体は、フラットで、真っ当で、行動それ自体による損が生じにくい。
ただしこれも万能ではない。「生きている感じ」が得られない。葛藤がなく、感傷もなく、わけがわからず胸が苦しくなることだってなく、ただ確からしい決定を下し続けるのは退屈だ。
しかし、あまりにも自分に害をなしてはならない。ほんのちょっとの不幸に敏感に傷つき、表向きには平凡でまあまあ幸せそうな生活に見えるくらいがちょうどいい。精神のためにも、肉体ためにも、社会的自己のためにも。
そこで、意思決定をしない、という方法がある。他者の論理に依るのでもなく、意思決定自体を放棄する。私の場合、具体的に言えば、何かしでかす前に、やるべきこともやらないままに、眠剤で落とす。襲ってくるのは強烈な快感。意識が途切れるか否かというところが最強に気持ちいい。私がどんなひどいことを思いついても、私の身体はもういうことを聞かない。視界はぼやけ、耳は聞こえにくくなり、立ってもいられなくなる。意識は抽象から具体へはじけ飛んでいき、言語は意味のない単語の羅列になる。
神経科に通い始め二ヶ月と少し。朝は元気だが夜は死にたい。夕方からはもう消化試合。帰って眠剤を飲んで意識を手放すことばかり考えている。これを依存と言わずしてなんと言うのだろうか? 先日過食嘔吐したところ盛大に(と言うほどでもないけれど)血を吐き、あ〜あ、やっぱりさっさと意識なんて手放せばよかった、と思った。意識を憎んで自分を憎まず。意識こそが悪なのだ。

絶対的正義で叩かないでください

明けましておめでとうございます。昨年十一月末から一人暮らしを始めました。嫌なことが嫌だと気づいてしまった瞬間それを続けることに異常なストレスを感じるので、やる時は一瞬です。思い立ってから一ヶ月とかけず一人暮らし生活が始まりました。
当初は「なんでも一人でできていいのか、頼ることも必要なのではないか」というようなことを考えていました。能力的に一人でできることでも、あえて人に任せることも必要なのではないか、ということです。一人できるから一人でやらなくてはならないし、それで回せないのは自分のせい、なのでしょうか? でも、自分でできることを人にやらせるって私にとってはとても難しいことです。
じゃあ、してあげる方はどうかというと、こちらも最近苦手に感じています。その時は善意100%で納得していても、あとから価値判断基準が変わって逆恨みすることは十分ありえますし、よくあります。「してやったのに」って思うからだめです。「してあげよう」っていうのがもはやだめです。「(あなたは嫌かもしれないけれど)させていただく」と思っていてぎりぎり安全かどうかです。ひとに何かをするのってとても申し訳ない、ひとに、っていうのはなんか大切な誰かにみたいなことです。申し訳ないけれどしてしまうのは私が全部悪いんです。でも悪いからそんなことほとんどしない。一人でもじもじしているだけです。私が何かをしても相手は得をしないし、むしろ損することが想定されています。なのにしてしまってすみません。損させてごめんなさい。自尊心が低すぎる、自己否定、ではなくて、相手が高すぎるだけです。させていただくほかないんです。だから結局、してあげる場合には、してやってもいいのだと思います。してやってるんだぞって思わないでしてあげるからあとで困るんです。してやるかさせていただくかなんて全く違うのに、それを粉飾しようとするからいけないんです。
人にものを頼むとどうしてもしてやられてしまいます。こちらから要請しているのだからさせていただかれることなんてありえません。だから多分私は自分の立場が下になるのが、というか下だという前提でコミュニケーションするのが嫌で、頼むのが苦手なんです。では、させていただくような相手にものを頼んだらどうなるのでしょうか? そんなの少しも考えたことがありませんでした。そんなお手を煩わせるようなこと絶対にあってはいけないので私は多分我慢して耐えるか一人ですべて引き受けるか新たな技術を習得し一人でできるようになります。でもそれでも何が何でも頼まなければいけないとしたら? そうしたら私はとてもつまらない人間になってしまいます。そういうときは、どうしても頼めずに耐えて苦しんでいるのが一番いいんです。だって、どうやって頼むのでしょうか? 改まるのもおかしいし、普通の人のような口調で普通のことのようにお願いをして普通の人のように返されてしまって、そこで関係は終わります。関係、というとそれは上下関係というか、主従関係というか、私が「下」に甘んじていられる仮想的な関係です。すべてが暗黙で、だから私はそれが本当かどうか忘れてしまうんです。全部嘘でした。そんなのありません。多分私は今だに物語を求めているんです。

 

 

恋は期待、愛は諦め

 私は様子のおかしな子供だった。小学生の時に顕著で、頭を執拗に壁に打ち付け、教室の後ろにある地球儀に向かって助走をつけて突っ込んでいき、意味もなく足踏みをして飛び跳ねていた。その衝動性は一体何だったのかというと、溢れ出る感情だった。感情、気持ち、知覚、感傷、名前はなんだっていいけれど、裡に秘めたる情動だった。
 そんな時代も一応は過ぎ去り、今の私はそれなりに落ち着いている。けれど時々、ハッとしたように意識が戻る。俗に言うメタ認知であり、考える方の私だ。前回はっきりとそれが現れた時、私は大声を上げ喚き散らしたけれど、今回は違った。私はその時自分の部屋でベッドに腰掛けていて、自分の左手首へ視線を落とし、「ああ、切りたい!」と思ったのだった。猛る心を最早律せられずに、何とかして外に出してあげたい、と思った。結局私はその衝動を行動へは移さなかったけれど、それが私の「生きてる感じ」で、絶え間ない言語化の波に飲まれる論理の再構築! その時ばかりは成長のない人生に価値はないと思うし、ぼうっと生きるくらいなら今すぐ死んだ方がいいと思う。けれどその強い気持ちは徐々に解けてゆき、言語化の網からすり抜けていく。今確かに考えていたそのことを、考えていたことは覚えているのにその内容は忘れていく。あっという間に日常が押し寄せ、私は正しく生き、もちろんリストカットはしない。
 私はやっぱり、穏やかに暮らしたいし、生きてる感じを感じたい。矛盾しているじゃないかと言われたって、そうなのだから仕方がない。今までの経験を条件分けし因果付けを行えば筋の通った論理らしいものは得られるかもしれないし、多分私はそういうことをするだろうけれど、それは穏やかさや生きてる感じの反芻でしかない。過去から体系だてられた言語を使って未来を予測してもいいけれど、今の私がそれに従わなければならないなんてことはない。そして何より、そんなものにとらわれたくはない。それは変化がないなら死ぬしかないという自暴自棄ではなく、予測できない新奇へのやまない探究心だ。

背徳は倫理への裏切り

去年の今頃カウンセリングに通っていました。若い女性カウンセラーの馴れ合い感が苦手で、何も解決している気がしないのに通う罪悪感もあり(なにしろ50分8000円でした)、「風邪を引いてしまったので次回の予約はキャンセルします。また治ったら連絡します」と電話してそこから行くのをやめました。そういうわけで、カウンセリングにいい思い出はありませんが、一つ印象に残っているのはカウンセラーに言われた「人のためを思って自分を犠牲にしている」ということです。それを聞いて、「何を言ってるんだこの人は? 私のことなんてなにもわかってない」と思いました。その当時、「自分のことばかり考えるのはやめろ」と怒られたり、私用を優先するとブチ切れられたりしていたので、私は人に対して何もできていないなと思っていたところでした(それを変えようとは全く思っていませんでしたが)。そういうわけでこの言葉はうまく理解できずに字面だけ心に残っていたのですが、その後いろいろなことがあり割と納得できるようになって、今回読んだ本がその一つです。

 

拒食症・過食症を対人関係療法で治す

拒食症・過食症を対人関係療法で治す

 

 

摂食障害の症状(拒食、過食、嘔吐)に対しては何もしないで、他者とのコミュニケーションを見直していきましょう、そうすれば自然とおさまります、といった本です。

ところで私は過食嘔吐ばかりしているように見えてストレス度が上がると拒食になります。高3の夏休みに模試の結果が気になりすぎて7kg落ちたことがあります。その時はみんな気にかけてくれましたね。この本には拒食に対して過食嘔吐は甘えって思われがち、って書いてあったんですがその通りですね!!! 「リスカしてるの知ってたからリスカやめてくれたら過食嘔吐は続けてもいいと思った」って言われたことありますが! 止めろよ! 死ね!

過食嘔吐になる人の特徴として「私が我慢すればいいだけ」と考え、ストレスを溜めていくというのがあります。それに対してはコミュニケーションが必要なんですね。相手にもコミュニケーションする気があるならな!!!

人は大事。

好きな人好き嫌いな人嫌い

弁証法的行動療法(DBT)の話をします。

弁証法的行動療法 実践トレーニングブック‐自分の感情とよりうまくつきあってゆくために‐

弁証法的行動療法 実践トレーニングブック‐自分の感情とよりうまくつきあってゆくために‐

  • 作者: Matthew McKay,Jeffrey C.Wood,Jeffrey Brantley,遊佐安一郎,荒井まゆみ
  • 出版社/メーカー: 星和書店
  • 発売日: 2011/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

この本のことはかなり前から知っていました。かつてのメンヘラツイッタラーたちが線を引いてノートをとってTwitterに上げていたものです。またこの本かどうかは知りませんが先輩がDBTの本を読んで実践してボダが改善したと言っていましたね。とにかく効果がありそう、というのが以前からの印象でした。ではなぜこれを読んでさっさとメンヘラを治さなかったのかというと、だってそんなことしてメンヘラが完治してしまっては大変じゃないですか。わたしにずっとあったのはたぶん自己否定感でした。メンヘラをやめたらわたしにはなんの個性も残らない。でもメンヘラである限り一生だれにも愛されない。結局これらはメンヘラであってもなくても「わたしには価値がない」ということを言っているのですが、メンヘラであれば人の気を引けるし、だれにも愛されないのを自分のメンヘラのせいにできる。それに刺激のない生活はつまらないんです。自分のからだが、感情が、制御できずにこぼれ落ちていくような感覚は率直に言って気持ちいいんです。というわけでわたしはメンヘラだったし、メンヘラをやめようとしているメンヘラでした(なにしろメンヘラというのは外聞が悪いから開き直らない方がいいし、治そうとするそぶりをするのもまたドラマなのです)。この本を手に取り、おとなしく机に向かってノートを書いているとき、わたしは、自分のメンヘラがすこしずつ解体されていくのを感じました。惜しいような気もしたけれど、まあ、十分堪能したしなあ、とページをめくりました。<おわり>