永久の幸福

福寿草子のゆるふわ脳内

同情は嫌悪よりも息苦しい

人生は選択の連続である。常に価値判断が行われ、意思が決定されていく。どちらか迷うのはそれらの選択肢の効用が大体同じだからであり、時には明らかに損な方を取ってしまうのも、「損」とは違う文脈ではそれが得だからである。自分を傷つけ逆説的に自らをコンテンツ化し、損を積極的に選択するインターネットメンヘラのように。わかっている「のに」損を選び取っていってしまうこと、不幸に向かっていってしまうこと、これは万人に共通するとは言えないまでも、ある程度の人には当てはまることだと思う(安易に他者をメンヘラと形容する人のことを、私は軽蔑している)。
行動そのものの損得だけで意思決定すること、対して、それに付随する評価をメタ的に見て意思決定すること。私の言う「自我がない」「考えていない」「意識がない」状態は、前者にあたる。ただし、その時の効用関数が「常識」であったり、「みんな」であったり、「内在化した他者」であったりする場合だけ。自分の中にある価値基準(それが上の三つに全く影響を受けていないはずなどないのだが)のみにしたがって、粛々と意思決定をしていくこと。それ自体は、フラットで、真っ当で、行動それ自体による損が生じにくい。
ただしこれも万能ではない。「生きている感じ」が得られない。葛藤がなく、感傷もなく、わけがわからず胸が苦しくなることだってなく、ただ確からしい決定を下し続けるのは退屈だ。
しかし、あまりにも自分に害をなしてはならない。ほんのちょっとの不幸に敏感に傷つき、表向きには平凡でまあまあ幸せそうな生活に見えるくらいがちょうどいい。精神のためにも、肉体ためにも、社会的自己のためにも。
そこで、意思決定をしない、という方法がある。他者の論理に依るのでもなく、意思決定自体を放棄する。私の場合、具体的に言えば、何かしでかす前に、やるべきこともやらないままに、眠剤で落とす。襲ってくるのは強烈な快感。意識が途切れるか否かというところが最強に気持ちいい。私がどんなひどいことを思いついても、私の身体はもういうことを聞かない。視界はぼやけ、耳は聞こえにくくなり、立ってもいられなくなる。意識は抽象から具体へはじけ飛んでいき、言語は意味のない単語の羅列になる。
神経科に通い始め二ヶ月と少し。朝は元気だが夜は死にたい。夕方からはもう消化試合。帰って眠剤を飲んで意識を手放すことばかり考えている。これを依存と言わずしてなんと言うのだろうか? 先日過食嘔吐したところ盛大に(と言うほどでもないけれど)血を吐き、あ〜あ、やっぱりさっさと意識なんて手放せばよかった、と思った。意識を憎んで自分を憎まず。意識こそが悪なのだ。