永久の幸福

福寿草子のゆるふわ脳内

心頭滅却 2019/06/17 - 2019/06/23

2019/06/17

真面目に勉強をしよう。

3万のレーザー(eco2)を打った。たんぱく質の焼ける美味しいにおい。

ネットで買ったそこそこの値段のシャツの色が壊滅的、セールなので返品もできず。

合わない人とずっといると疲れるように、合わない漫画を読み続けるのも大変疲れる。

ファミマに普通のゼロカロリーゼリーの2倍くらいのゼロカロリーゼリーがあって、でもそれが300円するんですけど、それを頼りに生きています。

2019/06/18

夢見が悪い。死ぬのに失敗する。現実世界でしばらく吐かないでいると吐く夢ばかり見る。でも起きたら吐いてないのだ。胃にやさしい。

デッサンを学び始めて他人の絵の狂いに目が行くようになり、更には自分の顔(物理)にも「は? デッサン狂ってる!!!」とキレるようになる。

親の金で絵画教室!

もしかして美術館が楽しくなるのでは?

油絵描きたい。

思考回路としてはこうです(備忘録)。この人絵うますぎ絶対美大美大ずるい!→デッサンが大事→影が大事→ネットはゴミ→絵画教室だ!

2019/06/19

アクアリウムのオタク2人が初心者に色々と教えていて楽しそう。うち1人は農大なのでガチガチのガチだ。我が家は暑いから水が熱湯になって死んじゃうな。電気代がかかりそう。

油彩を始めるにしても家じゃできないし困る。パパ! アトリエを買って!

「でもそうやって見た目に気を遣ったりするのって男に好かれたいからじゃないの?」
「見た目を褒められるのは好きだけど自分の見た目を好きになる男は嫌い」

2019/06/20

前髪を伸ばすことにした。なぜなら代官山のママたちはオールバックで、多分それが見た目に気を遣いつつも手間をかけない最善策なのだ。あとデコ出しが似合う。ただし強くなる。

2019/06/21

主従関係が好き。先輩後輩だとか個人的な取り決めだとかはお遊びに過ぎない。役職による主従関係は法規である。いたいけな主人を読みましょう。

生足で歩くと筋肉バキバキですごい。

「わからない」という適度なストレスは気持ちいい。

2019/06/22

鎮痛剤を忘れてサバゲーに臨み、歯が痛い。けれど鎮痛剤を飲んだところで私が痛みを知覚しなくなるだけであり、症状がどうにかなるわけではないのだから、あまり気にしないことだ。

結論から言いましょう。主従関係に性欲の入る余地などありません。支配と服従があり、嗜虐と加虐と被虐があり、社会的上下関係があり、制約があってけれど性欲はない。嗜虐は性欲ではないのかというと、それは含んだり含まれたりもするでしょうが、私が言いたいのは精神的高揚であって物理的満足ではない。相手をいたぶって楽しむ、そこにただ性にまつわる手段を持ち込んだというだけで、身体に快楽を得ることなんてどうだっていいのです。恍惚の連続の中で相手と「溶け合う」ことなんてできるでしょうか? ただ私は楽しんでいるだけ、相手を見てなんかいない、言ってしまえばそこに愛なんてないのです。

"絵うま男、絶対美大"には色々あって(うま男とは言うけれど多分みんな女だ)、このひとは絶対油彩、このひとはデザインかな、などと、専攻を推測するのが楽しい。自分がどこへ向かいたいか、わからない。

「食に執着なさすぎだろ」と言われ「食に執着ない私」が爆誕した。

よさポイント1、中高時代一人称俺で今は普通に私だけれど昔の知り合いと会う時は俺と言う。よさポイント2、でも男の話をする時は無意識に私と言ってしまう。よさポイント3、そもそも中2の時好きだった。

絵というのは抽象と具体の行き来であって、時空酔いする。

2019/06/23

心拍数のトラッキングはいい。交感神経をコントロールしろ。